印刷物のご提案

特殊加工を組み合わせ、課題を解決し、イメージ実現します。
弊社では、各種加工と印刷を社内で一貫生産しているので、幅広い表現にお応えすることが可能です。
ホットスタンプ、エンボス、スクリーン印刷等の加工を利用して、
皆様の心に幸せをお届けできる商品づくりを目指します。

  • UVスクリーン+金インク
    3Dの表現には、レンチキュラーレンズをはじめ様々な方式がありますが、いずれも左右の目の視差(左右の目には、両目の幅の分、ずれた画像が見えている)を利用してその錯覚により立体画像を作り出しています。

    3D立体技術
    3Dの表現には、レンチキュラーレンズをはじめ様々な方式がありますが、いずれも左右の目の視差(左右の目には、両目の幅の分、ずれた画像が見えている)を利用してその錯覚により立体画像を作り出しています。
  • UVスクリーン+金インク
    3Dの表現には、レンチキュラーレンズをはじめ様々な方式がありますが、いずれも左右の目の視差(左右の目には、両目の幅の分、ずれた画像が見えている)を利用してその錯覚により立体画像を作り出しています。

    3D立体技術
    3Dの表現には、レンチキュラーレンズをはじめ様々な方式がありますが、いずれも左右の目の視差(左右の目には、両目の幅の分、ずれた画像が見えている)を利用してその錯覚により立体画像を作り出しています。
  • UVスクリーン+金インク
    3Dの表現には、レンチキュラーレンズをはじめ様々な方式がありますが、いずれも左右の目の視差(左右の目には、両目の幅の分、ずれた画像が見えている)を利用してその錯覚により立体画像を作り出しています。

    3D立体技術
    3Dの表現には、レンチキュラーレンズをはじめ様々な方式がありますが、いずれも左右の目の視差(左右の目には、両目の幅の分、ずれた画像が見えている)を利用してその錯覚により立体画像を作り出しています。
  • UVスクリーン+金インク
    3Dの表現には、レンチキュラーレンズをはじめ様々な方式がありますが、いずれも左右の目の視差(左右の目には、両目の幅の分、ずれた画像が見えている)を利用してその錯覚により立体画像を作り出しています。

    3D立体技術
    3Dの表現には、レンチキュラーレンズをはじめ様々な方式がありますが、いずれも左右の目の視差(左右の目には、両目の幅の分、ずれた画像が見えている)を利用してその錯覚により立体画像を作り出しています。

  • ホットプレス(箔押)
    金銀などの一般的な箔押のみならず、メタリックから顔料箔、ホログラム、スクラッチ、パールなど、箔押しには様々な材料が存在します。物理的な機能性を持たせたものも含め、奥深い可能性を秘めています。
  • エンボス(浮き出し)
    用紙に合わせて、箔押しに合わせて、絵柄に合わせてデザインや使用場所を吟味すれば非常に効果的な表現が可能です。製品に立体的な魅力を与え、より質感を高める事が可能です。
  • 抜き加工
    様々な印刷絵柄や加工部分に合わせて併用すれば、より面白い製品創りが可能です。 形を変える事で生まれる新たな魅力が存在します。 複雑な形状や、腐食刃を使用した更に精密な加工を得意としております。
  • UVオフセット印刷
    UV光の照射によるインキの硬化を利用した印刷方法です。瞬間硬化という特徴を生かし、オフセット印刷の可能性を広げます。                                       
  • UVスクリーン印刷
    オフセット印刷に比べ圧倒的な塗膜の厚さが特徴です。 このため隠蔽性が高く、くっきり鮮やかな印刷が可能です。また、ニスを厚く盛り上げたり、ラメや蓄光、香料、スクラッチなど特殊なインキを印刷する事も可能です。
  • レーザー加工
    木型では抜けない細かな抜き加工についてはレーザーでカットします。木型を作らずレーザー光線を使用したカット方法なので非常に繊細な加工が可能な上、試作品の作製や少部数の生産にも向いています。